ダランベール法はオンラインカジノで使えるのか?

オンラインカジノで勝つためには運もあるとわかっていても、できれば勝率を上げたいと思っている方も多いのではないでしょうか。
いつも負けてしまうとやる気も薄くなってきてしまいますし、オンラインカジノにお金を費やすこと自体考えてしまうでしょう。
カジノではいくつか勝率を上げるための方法があり、その中にダランベール法というものがあります。
どんなやり方でリスクはあるのかなど、詳しく解説していきます。

ダランベール法とは?

ダランベール法は、極端に一発逆転するような方法ではありませんが、万が一負けてしまっても資金が一気になくなるようなことを避けられる方法です。
カジノで大きく稼げた時は嬉しいものですが、その逆が起きてしまったら大変です。
数学者でもあるダランベールが考えたとされているため、「ダランベール法」という名前が付いています。

利用の仕方

ダランベール法の図

ダランベール法の図

ダランベール法の利用の仕方はそこまで難しくありません。
カジノでゲームを進めていく勝った時には、次のゲームで賭け額を1単位減らします。
逆に負けた時には、次のゲームで賭け額を1単位増やします。
これを繰り返していくだけで、大損してしまう心配はなくなるのです。

積極的に勝ちにいく方法ではない

ダランベール法というのは、一発逆転を狙って積極的に勝つための方法ではありません。
どちらかというと大損しないように、負けないことを意識した方法です。
ゲームをするうえで攻めなければ意味がないと感じる方もいるかもしれませんが、金銭に余裕がない時に万が一溶かしてしまったら大変なことになります。
勝つ時にも穏やかにしか利益は出ず、驚くようなお金を手にできるわけではありません。
負けの連敗もオンラインカジノの世界では絶対にないとは言い切れないので、少しでも損を出したくない場合はダランベール法を上手に活用すると良いでしょう。

ダランベール法のメリットとは?

ダランベール法のメリット

ダランベール法のメリット

オンラインカジノをする時に、メリットを感じダランベール法を上手に活用している方もいます。
メリットについて詳しく見ていきましょう。

資金が少なくても大丈夫

お金には困っていなくて、多少大損してしまっても支障がない方は思いっきりカジノを楽しんでも良いでしょう。
しかし、楽しみたいと思っているものの、そんなに資金には余裕があるわけではない方もいるのではないでしょうか。
ダランベール法は大損しないような仕組みになっているため、損をしてしまってもベット額の増減はあまりないため安心です。
少し遊ぶ程度にしか資金がないという場合でも、ダランベール法を利用すればカジノを楽しめます。

負けた数が多くても利益が出る可能性が高い

普通はカジノのゲームをしていて、単純に勝ちが多いと利益が出て負けが多いとお金がなくなってしまいます。
しかし、ダランベール法を活用すれば、一見負けた数が多くてピンチに見える状況でも利益が出る場合があります。
その時の状況によるため、必ず利益が出るわけではありませんが、戦略的にゲームを進めるからこそ可能性が高くなるのです。
トータルで見た時に勝った数と負けた数が同じくらいに見えることもあると思いますが、この場合も勝つ可能性があります。
少ない資金で負けたとしても利益を出したい場合、上手に利用してみましょう。

ダランベール法のデメリットとは?

ダランベール法のデメリット

ダランベール法のデメリット

極端的に負けて大損しないためメリットも多々あるダランベール法ですが、デメリットとなる部分もあります。
欠点もわかったうえで、利用しましょう。

どんな風にゲームが進んでいくかで変わる

ずっと負けが続いている状態で勝ちがくればそんなに損が出ずに利益が出る可能性もありますが、最初調子が良いと実はあまり良くありません。
本来は連勝をはじめからできたらテンションが上がり、今日はツイている日ではないだろうかと感じてしまいます。
しかし、ダランベール法を利用した場合、勝ち負けの数が同じではじめに良い感じで連勝をしていたものの、その後連敗が続いてしまうと、利益が出にくくなってしまうのです。
ゲームがどのように進んでいくのかはその日の運次第ですので、思ったような結果が得られない可能性もあります。

勝ち負けが繰り返すのも不利

ゲームの進み方も、負けて負けて勝って負けるなど順番がランダムにならずに、偶然負けて勝って負けて勝って・・・と交互に繰り返される時にもそこまで利益が出ません。
何回も交互に勝ち負けが来てしまうのも珍しいのですが、絶対にそうはならないとも限らないのがカジノです。

ずっと連勝ばかりや連敗ばかりで終わる

ゲームをしていても連勝がずっと続き、負けが1つもないというのはほとんどありませんが、これもゲームなため絶対にないとは言えません。
そのため、ずっと連勝ばかりや連敗ばかりが続いてしまったという時にも、利益が期待できません。
連勝が続いたら通常の方法では喜べますが、ダランベール法を使っている時には不利です。

このままでは怪しいと思ったら切り替えを

最初は資金も少なく大損するのは怖いためダランベール法を使っていたという場合も、このままでは流れ的に負けてしまうと思ったら臨機応変に対応しましょう。
ずっとダランベール法を使わなければいけないというのはないので、なぜか勝ち負けが交互でこのままでは怪しいと思ったら別の方法に切り替えます。
最初心に決めた方法を急に変えるのは勇気がいるかもしれませんが、上手に切り替えたほうが利益は出やすくなります。

逆ダランベール法とは?

本来のダランベール法とまったく逆のことをしてゲームを進めていく方法を、逆ダランベール法と言います。
資金もそこまでないため安全な方法でと考えている方だけでなく、お金を損してしまっても良いから短期間で大きく利益を上げたいと考えている方もいるのではないでしょうか。
逆ダランベール法は、短期間で利益を上げたいと思っている方にピッタリです。

逆ダランベールの具体的なやり方は?

逆ダランベール法の図

逆ダランベール法の図

ゲームをしていて勝った時には、次のゲームでの賭け額を1単位増やします。
逆に負けてしまったら、次のゲームでの賭け額を1単位減らします。
先ほどまで説明してきたダランベール法のまったく逆を行いますので、損をしてしまう時のリスクは増えてしまう点には注意しましょう。
しかし、コツコツ地道にではなく、短期間でドカンと利益が出たら嬉しいと考えている方は夢がある方法です。

調子が良い時には大きく利益を生む可能性が高い

なんとなくオンラインカジノのゲームを進めていくうえで、手ごたえがまったくない時と感じられる時があるでしょう。
人の運はいつでも同じではないように、カジノでも調子が良い時と絶不調に感じる時があるものです。
ゲームをしていて、なんとなく長く連勝が続きそうな気がするというような良い予感や流れの時利用してみましょう。
不調で望みがない時に利用するよりも、イケそうな時利用すると良いでしょう。

負けばかりが続く時もおすすめ

なぜか負けばかりが続いているという時も、そのままダランベール法を使っていたのでは利益が出にくいです。
負けが続いている時にも、逆ダランベール法を使うと良いでしょう。
応用的に利用することで、利益を生む可能性も高まります。

まとめ

カジノをしたいけれども、そんなに資金に余裕がないという時には、ダランベール法を上手に活用しましょう。
大損しにくい方法なため、万が一利益が出なくても大きく損してしまう可能性も低くなります。
ただ、流れによっては利益が出ない状況や良くない状況になる場合も出てきますので、その場合は臨機応変に別の方法も試してみましょう。

オンカジを無料ではじめてみませんか?
オンカジをやってみたいけど何か心配!
そんなアナタには入金不要ボーナスがあるオンカジがおすすめです。
無料登録だけで試せるので色々確認できますよ!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事